FC2ブログ
DATE: CATEGORY:暴君のおかん伝説


先日
母が17年のガラケー生活に終止符を打ち
ついにスマートフォンを購入しました。

子供が育っていくかのような
母のスマホ日記を紹介していきましょう。





1日目
母「全然意味がわからへん。前の携帯に変えたい」



2日目
母「トップ画像の変え方教えてくれへんか?」



3日目
母「ポコパンのやり方教えて」



4日目
母「トップ画像の変え方どうやった?教えて」



5日目
母「ポコパン10万点いった。すごいやろ」

暴君「あぁそう。俺800万。」

母「あぁそうか。」



7日目
母「ポコパン30万点いった。なかなかやるやろ」

暴君「あぁそう。俺800万」

母「あぁそうか。」



10日目
母「トップ画像の変え方どうやった?教えて」



~母のスマホ生活は続く~


スポンサーサイト



DATE: CATEGORY:暴君のおかん伝説


「子供や孫にいっぱいしてやりたいし
一生懸命働いて貯金した

今は貯金と年金で
世話できる分は世話したる

お前らに良くしてやりたいし
自分は贅沢するつもりはない

だから今
ばぁちゃんがせなあかんのは
しっかり暇つぶす事や
お金使わんと暇つぶすのが仕事や」


深い・・・
深すぎる・・・

DATE: CATEGORY:暴君のおかん伝説



○二人で晩御飯を食べに行った帰り○



母「帰りセブイレよってくれへんか?」



暴君「うんわかった。」



暴君「烏丸のセブイレでいいか?」



母「うん。急所や急所」



暴君「急所??」



母「急所によってほしいっていう意味や」



暴君「誰の急所やねん」



母「誰のって、誰のもんでもないいやろ急所は」



暴君「何を言うとんねん?(笑)」



母「烏丸のセブンイレブンの横にある99ショップによってくれたらいいんや!わかるやろ!」










・・・・・・・










わかるか!!!


DATE: CATEGORY:暴君のおかん伝説



母「ごはんできるよ。もうすぐ出すよ。」





暴君「何で標準語やねん。」





母「これがお母さんの関西弁や。バカにすんな」





暴君「・・・」


DATE: CATEGORY:暴君のおかん伝説



暴君「橘高校すごいわ。また勝ってる。もうベスト8まできてるわ」



母「本間か。すごいな。次決勝か?」



暴君「何で次決勝やねん。8チームで決勝やんのか」



母「ははははは!そんな的確なつっこみはけっこう!」



暴君「・・・」


DATE: CATEGORY:暴君のおかん伝説



テレビでモノマネ王決定戦がやってました。

晩御飯を食べながら母との会話。





暴君「あれ?あの人出てないの?」



母「誰や?」



暴君「一人で歌めっちゃいろいろ歌う女の人」



母「あぁ、あの人か。あの人何か問題起こしたみたいやで」



暴君「そうなん?ほんでどうなったん?」



母「問題起こしてそれからテレビから出られへんようなったんや」



暴君「は?(笑)」



母「いやだから、問題事起こさはったんや。だからもう今テレビから出られへんねや」



暴君「テレビから出られへんの?(笑)」



母「そうや。何回聞くねん」



暴君「・・・」







テレビから出られない状態とは一体?笑







言葉が間違ってるのは別にいいんですよ。







ただ、テレビに出れなくなった人が

テレビから出られなくなった状態を想像すると

俺は笑いが止まらない。笑



俺だけかなおもろいの?笑



しょうもなかったら申し訳ない。笑



本日もご愛読ありがとうございました。


DATE: CATEGORY:暴君のおかん伝説


母「髪の毛切ってん。どうや?」



暴君「知らん。わからん」



母「ええ感じやろ?」



暴君「おばさんの髪型はわかりません。」



鏡みながら母「さっぱりしたわ。ええ感じや」



暴君「うん」





ブイィィィィィン





五分後・・・





ドタドタドタ





母「ドライヤーあてたわ。ええ感じやろ?」



暴君「わからん。おばちゃんのオシャレはわからん」



母「ちょっとあてただけですぐボリュームでるねん。ええやろ」



暴君「あーそうなん」



母「散髪いってよかった。さっぱりしたわ」



暴君「うん。さっき聞いたけどな」





俺のおかんは本間に最強やわ。

上の会話は決して仲が悪いわけではありません。笑

何に関してもこんな会話です。笑


DATE: CATEGORY:暴君のおかん伝説


続いておばあちゃんの名言。



夏に旅行に連れて行ってもらった時の事。

親戚の子供達は横でトランプして遊んでる。

僕は一人で海を眺めながら一人でビールを飲んでいた。



暴君「美味しいなぁ。今日は気持ちよく寝れるなぁ。」



おばあちゃん「ほどほどにしときやー、飲みすぎたらあかんでー。」



暴君「もうなくなった。もう一杯だけ飲もうかなぁ。」



ここで我が家系のドンであるおばあちゃんから、
人生最強ともいえる名言が飛び出した。



おばあちゃん
「もうやめとき言うてるやろ!

 その一杯が人を変えるんや!」



真面目な話、これは素晴らしい名言だと思う。



ちなみにうちのおばあちゃん、
昔から家でタバコ屋をやってたんですが、
45年タバコ吸ってたのに60代中盤ぐらいの時、
医者からタバコやめろ言われて一日でタバコやめました。笑



そして僕はタバコを吸わないタバコ屋として育てられました。

おかげで僕の体は健康。

さらにバカみたいに毎日440円とられることもありません。



タバコがかっこいいとか、
実はおいしいと思ったこともあるけど
(今でも誰かが横で吸っていて煙がおいしく感じる時がある)



やはり相対的に考えて100%損をするので、
慢性的に吸わなくてよかったと、
断固言い切れます。




おあばあちゃんに感謝。



DATE: CATEGORY:暴君のおかん伝説



暴君「もういよいよボケてきたな、お母さんも。」



母「まだボケてへんわ!失礼な事言うな!」



暴君「いやいや、ボケてきてるで。喋ってて?なことばっかりやもん」



ここで母から名言が飛び出した。



母「まだまだボケてへんわ!

お母さんは昔から天然ボケなだけや!」




copyright © 2019 暴君の言いたい放題 all rights reserved.Powered by FC2ブログ