FC2ブログ
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:暴君ワールド


ばんこんです。


忙しい中
友達と予定を合わせて
海へ行ってきました。

気の合う仲間がいれば
一日5000円そこらで
人生楽しめるものですね。

お金のたかじゃないですが
5000円稼ぐのは簡単だけど
気の合う仲間と出会って
予定を合わせるのは
なかなか難しいように思います。

今年の夏は今までで一番
プールや海や旅行に行くので
ただでさえ充実してるんですが

新しく出会う人達も
今年はおもろい人ばっかで
本間に幸せを感じてます。

本当は
「夏の思い出」
なんて言わず

「四季の思い出」
ができたらいいんですけどね☆

今現在
働いてる時と
夢見てる時は充実している

最近僕には
「遊び」
が足りなかったと自覚した。

一生懸命生きたら
一流の人生を歩めるかもしれないが
遊びを忘れたら
超一流の人生は歩めないかもしれない


良き友人や
これから出会う人に感謝して
それでも
「俺が一番おもしろいんだぜ」
そう言えるように生きていきたいね。

それではまた~

スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:暴君の理論


生きていると

「言ってもらえて嬉しい言葉」

というのがあります。



記念すべき第一回目はこれ

「君の親ってわけじゃないから言いきれないけど」

これは嬉しいですよね。

逆の言い方をする人もいます。

「君の親だったら絶対こう言うよ」

また歳が近ければ
親ではなく兄や姉と言ったりもします。

僕も気にかけてる子には
必ずこう言います。

「俺がお前の兄貴やったら絶対こう言うよ。」


これは
実際に血は繋がっていないけど

それほど自分を気にかけてくれている

家族に近いほど応援している

というのがすごく心強いですよね。


最近こんなふうに助言してくれた方がいて
なんとなく言ったかもしれないけど
僕としては何かすごく嬉しかったですね。

尊敬してる人に
言われちゃったりなんかすると
すごく人として認められてる感じがしますね。


もっともっと褒め言葉を探そう。
人生は気付かぬ愛があふれている。

DATE: CATEGORY:偉人の名言


ミスターXさん
「俺の事変態っていうけどな、
男ってのはみんなエロいんや。

はっきり言って
エロない男の方がおかしい。

エロない男の方が変態なんや。」


一同「・・・」

DATE: CATEGORY:暴君の理論


さてそんなこんなで
充実した毎日を送りたいわけだが

仕事そのものを充実させるというのが
一番近道で
一番の課題だったりする。

楽しい仕事ができれば良いが
何も必ず楽しい必要はない。

やりがいがあればいいのだ。

人によっては
毎日同じ作業の方が楽しくて
それにやりがいを感じる人も少なくない。

つまり内容は人それぞれ
自分に合っているかが大事だ。

しかし充実したければ
目標が必要だ。

出世は意識したほうが良い。

あまり出世欲がなくても
出世した自分を想像する。

立場が変わらなくても
後輩が増えるにつれて
先輩として問われる。

自分の人生のレベルアップと捉えて
仕事のレベルアップを大事にする。

そうすれば出世とともに
充実も手に入れる事ができる。

充実できない人間というのは
目標のもてない人間かもしれない。

その日しんどいか楽かしか
考えられないのだ。

目標があれば
しんどい事もなんのその。

スポーツのトレーニングなどが典型だし
イベント事の準備などもそう。

達成地点を明確にすれば
そこまでの道のりが楽しくなる。

ゲームのレベル上げもそうだ。
ちょっと違うか。
いや、やっぱりそうだ。

働く働かないで考えるのは
そもそも間違っていた。

人生の一部分として
どう考えるかだ。



これだけは言っておこう。



これ、全然物語になってない。



それではまた~笑


DATE: CATEGORY:お知らせ・紹介


ばんこんです。

要望が多かったので
イイネボタン(拍手ボタン)
を復活させました!

コメント欄もつけるか迷いましたが
やはりこのブログは討論をするブログではなく
発信するブログでありたいので
イイネボタンだけにしました。

良い事書いてたら
拍手ポチポチ!

しょうもない事を書いてたら
無視でけっこう!笑

それではまた~

DATE: CATEGORY:暴君の理論


5日働いて
2日休む。

6日働いて
1日休む。

ふとした瞬間
(まじでこんなこと65歳だかなんだかまでやるの?)
と考える。

そこで現実逃避を試みる。
仕事をしていない自分を想像する。

5日遊んで
2日休む。

6日遊んで
1日休む。

ふとした瞬間
(意味あるのこれ?しりすぼみに楽しみが薄れていく。生きれば生きるほどレベルが下がっていく。)
と考える。

結局働くのが健康。
働いた方が良い人生を楽しめる事がわかる。

さらに楽しい人生を送るために
「楽しい仕事をする(選ぶ)」
という事が必要になってくる。

そしてもう一つ大事なのは
「働いていない時間に何が待っているか」
という事。

仕事を終えての寝るまでの時間
連勤後の休みの日
この時間に何が待っているか
という事が大事になってくる。

恋人が待ってくれていたら幸せ。
子供が待ってくれていたら生きがい。
趣味が待ってくれていたら楽しみ。
夢が待ってくれていたら挑戦。
休養が待ってくれていたら安心。

何が待っているかによって
その日自体を楽しむという事も大事だが
「働いている間待ってくれている事を目標に働く」
ということができる。

そうしたら

仕事も楽しくなる
  ↓
仕事終わりも楽しくなる
  ↓
仕事も楽しくなる
  ↓
休みも楽しくなる
  ↓
仕事も楽しくなる

という充実連鎖を迎えることになる。

働かなくてはいけないではなく
働いている時間をバネが縮んでいる時間のようにできたら
人間どんなに高く飛べるだろうか。

明日の仕事も
明日の練習も
充実させよう。



あぁ、彼女ほしい(ぇ



おやすみ。笑

DATE: CATEGORY:暴君の教育論


5年前の話。

当時大学4回生
とある中学校のサッカー部のコーチをしていた。

監督から練習メニューをすべて任され
好きなように教えていた。


夏の厳しい環境の中
ダッシュ(走り込み)で
中学生にはかなり厳しい練習をさせていた。

しんどさに耐えきれなくなったのか
一人が泣き出した。

自分もしんどくて泣いた事もあるし
このチームでも誰かが泣く事は多々あった。

僕は決まって言う
暴君「何泣いてんねお前」

選手「しんどすぎて、もう何が何かわからなくて」

練習中
鬼の形相で怒鳴り散らす僕
心のケアは他の部分でしなくてはいけないのでたまに
「言いたい事があれば紙に書いて渡す」
という事をしていた。
もちろん
「口で言えるなら言え。大人になるにつれて口で言えるようになれ」
と繰り返していた。

この泣き出した選手は
入学当時の手紙にこう書いていた。

「僕はサッカーが大好きで入部しました。でも走るのが嫌いです。」

彼が練習中泣き出して
僕はどう答えれば良いのか
いくつか頭に浮かんだ

(走るん嫌ならサッカーなんか辞めてまえ)
(嫌な事もやらんとな。そうしてみんな強くなるから)
(みんな走ってるよ。チームメイトも、それこそ京都市の全チーム走ってる)



浮かんだが
何故かこう言った





暴君「俺も走るん嫌いや」





瞬間こう思った
(言うてもうたな。指導者らしくない。)
(でも人間らしくてええわ。それっぽい事なんか言うて意味あるか。)
(意味わからんやろうし人間ぶつけたろ。)

それから自分の思いと
それでも基礎体力の大事さをぶつけた

最後は

暴君「次泣いたら、俺も泣きながら一緒に走るよ」

選手「それはやめてください。てかその方が嫌っすよ(笑)」

この流れで練習に戻った。



教える側にたったらどうも
「教育者としての自分」

「人間としての自分」
という葛藤が飛び交う。

どうしても
言いたくないけど言わないといけない場面
思ってないことを言わないといけない場面
怒りたくないけど怒らないといけない場面
などがある。

僕はことごとくそれを裏切ってしまい
人間としての本音を言う傾向にある。

「こうしなさい」
ではなく
「俺はこうしてきたけど、お前はどうすんねん」
と言ってしまう事が多かった。

今の時代の教育者としては3流かもしれないけど
人間らしくていいさ。



走るの嫌いなKくん
高校最後の選手権大会頑張れよ!
あと僕の誕生日プレゼントに商品券持ってくるのやめてください。笑



それではまた~

DATE: CATEGORY:暴君の教育論


ばんこんです。


子供の前を歩くのってどうも微妙。

こないだ横断歩道で
前を歩く親
なんとなくついていく子供

車が来るから危ないってのは
重々承知やけど

前向いてあるいて
子供から目離してたら
結局一緒ですよね。


今書いたのは方法論ですが
僕が考えるのは
「感覚的」
な話です。

(なんとなくついていく)
というのと
(自分で行くところ、行き方を選んでいる)
というのは違います。

つまり僕は

前を歩いて
「早くおいで」
よりも
後を歩いて
「早く行け」
と言ってやった方が
子供は自立すると考えます。

また今の時代に必要な
リーダーシップも
こういうところから育つように思います。

まぁこれには車などしかり
「前から危険が来た場合の事を考えなくてはいけない」のと
子供は本当に多感で色んな物に目移りしますから
「いつまでたっても目的にたどりつかない」
という事を頭に入れてあげないといけません。

だいたい6歳ぐらいから
「子供に選ばせて、困ったら親が後から助けてくれる」
という感覚は持たせたいですね。

最近の親は
○前出すぎ
○助けすぎ
○お前が主役か?
といった感じが多いですね。

教育は
○子供が主役
○親は後から(サポート)
○事象の大半は子供が自分で解決するべき

なので後について
子供にやらせる

子供だけでは絶対に困難な場合のみ
愛をもって助ける

これが理想的ですね。

このブログでは何回も言ってるけど
すぐ助けるのは愛じゃないよ。
自分が愛されたいだけ。


それではまた~

DATE: CATEGORY:レポート・ニュース


保釈金保釈金って
全く意味のわからない制度ですよね。

刑務所に入るきっかけが
「法律違反」

刑務所に入れておく理由が
「反省」
「地上に危険人物をおかない」
「犯罪者が社会に出直す準備」
なわけだから

お金払って出所させちゃったら
3つの理由すべてを無視することになっちゃうよね。

特に二つ目の
「地上に危険人物をおかない」
を考えるとひどすぎる制度ですよね。

まぁ僕も詳しくわかっているわけではないし
罪の種類にもよるのかもしれないけど

多数の条件付きとはいえ
「お金払ったら出所できる」
ってないよねー。

しかもこんなことを一生懸命報道するから
(テレビ見てる子供はこれ見てどんなこと考えるんやろ)
って思っちゃいますよねー。

こんな事だから僕の思いは

(世界を変えたい)
     ↓
(世界なんて変わらない。その分自分と自分のまわりの人間だけは断固正しく、そして人として高レベルでありたい)

とこんなふうに変化していってしまいますね。
まぁこれはこれで僕の中ではとても良い事と思うんですがね。


それではまた~

DATE: CATEGORY:暴君語録・奇言


何の世界でも

(初心者ですいません)
とか
(へたくそで申し訳ない)
とか考えるのは間違ってる。

みんな初心者出身
全員がへたくそからスタートしてる

そんな事を考える暇があったら
上手くなる方法を考えてほしい

DATE: CATEGORY:暴君のおかん伝説


先日
母が17年のガラケー生活に終止符を打ち
ついにスマートフォンを購入しました。

子供が育っていくかのような
母のスマホ日記を紹介していきましょう。





1日目
母「全然意味がわからへん。前の携帯に変えたい」



2日目
母「トップ画像の変え方教えてくれへんか?」



3日目
母「ポコパンのやり方教えて」



4日目
母「トップ画像の変え方どうやった?教えて」



5日目
母「ポコパン10万点いった。すごいやろ」

暴君「あぁそう。俺800万。」

母「あぁそうか。」



7日目
母「ポコパン30万点いった。なかなかやるやろ」

暴君「あぁそう。俺800万」

母「あぁそうか。」



10日目
母「トップ画像の変え方どうやった?教えて」



~母のスマホ生活は続く~


DATE: CATEGORY:偉人の名言


もうここまで
やってきてしまったとか
もうどうでもいい
どうする事もできないとか

諦め悲観し嘆き悲しみ
自分いたわるその間にも

僕らを必要とする誰かがいる


~My Wayより~

DATE: CATEGORY:暴君語録・奇言


上に気遣えへんやつは二流
下に気遣わせるやつは三流や

上をたてれたら一流
下にたててもらえたら超一流や


copyright © 2018 暴君の言いたい放題 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。