FC2ブログ
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:暴君の教育論


ばんこんです。


子供の前を歩くのってどうも微妙。

こないだ横断歩道で
前を歩く親
なんとなくついていく子供

車が来るから危ないってのは
重々承知やけど

前向いてあるいて
子供から目離してたら
結局一緒ですよね。


今書いたのは方法論ですが
僕が考えるのは
「感覚的」
な話です。

(なんとなくついていく)
というのと
(自分で行くところ、行き方を選んでいる)
というのは違います。

つまり僕は

前を歩いて
「早くおいで」
よりも
後を歩いて
「早く行け」
と言ってやった方が
子供は自立すると考えます。

また今の時代に必要な
リーダーシップも
こういうところから育つように思います。

まぁこれには車などしかり
「前から危険が来た場合の事を考えなくてはいけない」のと
子供は本当に多感で色んな物に目移りしますから
「いつまでたっても目的にたどりつかない」
という事を頭に入れてあげないといけません。

だいたい6歳ぐらいから
「子供に選ばせて、困ったら親が後から助けてくれる」
という感覚は持たせたいですね。

最近の親は
○前出すぎ
○助けすぎ
○お前が主役か?
といった感じが多いですね。

教育は
○子供が主役
○親は後から(サポート)
○事象の大半は子供が自分で解決するべき

なので後について
子供にやらせる

子供だけでは絶対に困難な場合のみ
愛をもって助ける

これが理想的ですね。

このブログでは何回も言ってるけど
すぐ助けるのは愛じゃないよ。
自分が愛されたいだけ。


それではまた~

スポンサーサイト

copyright © 2018 暴君の言いたい放題 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。