FC2ブログ
DATE: CATEGORY:暴君の教育論


5年前の話。

当時大学4回生
とある中学校のサッカー部のコーチをしていた。

監督から練習メニューをすべて任され
好きなように教えていた。


夏の厳しい環境の中
ダッシュ(走り込み)で
中学生にはかなり厳しい練習をさせていた。

しんどさに耐えきれなくなったのか
一人が泣き出した。

自分もしんどくて泣いた事もあるし
このチームでも誰かが泣く事は多々あった。

僕は決まって言う
暴君「何泣いてんねお前」

選手「しんどすぎて、もう何が何かわからなくて」

練習中
鬼の形相で怒鳴り散らす僕
心のケアは他の部分でしなくてはいけないのでたまに
「言いたい事があれば紙に書いて渡す」
という事をしていた。
もちろん
「口で言えるなら言え。大人になるにつれて口で言えるようになれ」
と繰り返していた。

この泣き出した選手は
入学当時の手紙にこう書いていた。

「僕はサッカーが大好きで入部しました。でも走るのが嫌いです。」

彼が練習中泣き出して
僕はどう答えれば良いのか
いくつか頭に浮かんだ

(走るん嫌ならサッカーなんか辞めてまえ)
(嫌な事もやらんとな。そうしてみんな強くなるから)
(みんな走ってるよ。チームメイトも、それこそ京都市の全チーム走ってる)



浮かんだが
何故かこう言った





暴君「俺も走るん嫌いや」





瞬間こう思った
(言うてもうたな。指導者らしくない。)
(でも人間らしくてええわ。それっぽい事なんか言うて意味あるか。)
(意味わからんやろうし人間ぶつけたろ。)

それから自分の思いと
それでも基礎体力の大事さをぶつけた

最後は

暴君「次泣いたら、俺も泣きながら一緒に走るよ」

選手「それはやめてください。てかその方が嫌っすよ(笑)」

この流れで練習に戻った。



教える側にたったらどうも
「教育者としての自分」

「人間としての自分」
という葛藤が飛び交う。

どうしても
言いたくないけど言わないといけない場面
思ってないことを言わないといけない場面
怒りたくないけど怒らないといけない場面
などがある。

僕はことごとくそれを裏切ってしまい
人間としての本音を言う傾向にある。

「こうしなさい」
ではなく
「俺はこうしてきたけど、お前はどうすんねん」
と言ってしまう事が多かった。

今の時代の教育者としては3流かもしれないけど
人間らしくていいさ。



走るの嫌いなKくん
高校最後の選手権大会頑張れよ!
あと僕の誕生日プレゼントに商品券持ってくるのやめてください。笑



それではまた~

スポンサーサイト




copyright © 2019 暴君の言いたい放題 all rights reserved.Powered by FC2ブログ